日本のIT業界における転職事情

IT業界に転職はつきものです。アメリカでは2年以内に転職をしなければ笑い者になるということも聞かれます。もちろん日本ではそんなこ
とはありませんが、それでも自分のキャリアを考えると、一生今の会社で働き続けるのか、それとも違う会社に転職するのか、はたまた全く違う業界に転職するのかなどと考えることがあると思います。
日本で転職すると考えると、30歳というのがひとつの区切りになるのではないでしょうか。それを過ぎると有能であれば転職をし続けてステップアップしていけますが、そうでない限りはある程度限度があると思います。それまでに自分のキャリアを見つめなおしてみることをおすすめします。同じ業界で転職をする場合、自分を高く売り込む必要があります。有能であれば他の企業から声がかかるのは当たり前で、今の会社よりも待遇がよくなりステップアップした形で転職が出来ます。しかし自分の能力が高くなければ他の会社からも必要とされないし、場合によっては今の会社でも首を切られることがあります。そうならないためにも、自分の能力を日頃から磨いておくことは大切なことです。
また、全く違う分野に転職する、ということもよくある話です。人によりますがその先で成功する人と、失敗してまた元の業界に戻る人といます。今までやってきたことは通用しないのだから全くの新人としてどこまで努力できるか、ということがひとつのカギになると思います。どちらにしろ苦労はするので、転職するにしてもしないにしても、日頃からの努力は必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です