キャリアアップは早い段階での調整が大切

転職が多いことで知られているのがIT業界です。同じ業界内でキャリアアップしながら転職する人や、違う業界へ転職する人など様々いますが、他の業界では考えられないほど転職が当たり前になっています。
(もし、転職で失敗したくない!という方は、プログラマ求人案件のための転職相談を見てみるといいでしょう。プログラマの転職成功方法などのノウハウがびっしりつまっています。)
IT業界には35歳定年説というものがあります。仕事をするにあたり、35歳までが現場で頑張れる、という意味合いなので、本当にその年齢で辞めなくてはいけないということではありませんが、そのくらいの年齢になってくると、そろそろ自分のキャリアを考え無くてはならない時期に差し掛かるのでしょう。現場で実際に実務をこなすのは体力や新しい技術を取り入れる柔軟性が必要になってきます。一般論で言えばそれをするのは若いほうが気力も体力もあり、適していると言えます。逆に年齢を重ねている人はそれを指示、管理する側に回ってほしいというのが会社としての思惑のようです。そして実際体力的な面で言えば、一定の年齢になると管理側に徹するほうが適していると言えます。やはり管理する側、リーダーというのは経験がなければ務まりません。ある程度年齢も上の方が説得力もありいいでしょう。その会社に腰を据えるとなれば、管理する側に回るようにしなくてはなりません。また、プレイヤーとしてやっていくのであれば、それこそ自分のスキルを磨いていくしかありません。ですので、キャリアアップとして経験を積むために海外へ行ったり、他の会社へ転職したりすることが望ましいです。自分のキャリアをどうしていくかは35歳になってから考えるのではなく、もっと早い段階から考えておいたほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です